Excelでヘッダーありで印刷する方法

ヘッダー印刷の方法

Excelで数ページにまたがって印刷するときに、項目欄が印刷されないことがあると思います。Excelの機能で便利なのがあるので、紹介しておきます٩꒰。•◡•。꒱۶

ひろ
ひろ

これ知ってると、印刷が便利ですよ

画面キャプチャーで解説

かなり古いですが、Excel 2010 で印刷する方法です

簡単に画面キャプチャーで要点だけを解説しますね

表示】タブの【改ページプレビュー】をクリックする

印刷範囲が指定されて、青色の線で囲まれる感じの表示になります

右クリックをして【ページ設定】をクリックします

改ページプレビューをしていないと、右クリックしても【ページ設定】は表示されません

ページ設定>シートタブ

印刷タイトルの【タイトル行】と【タイトル列】でヘッダーを指定できます。

改ページプレビューをしていないと、ここの設定はグレーアウトされており、使用できません。

Excelの1と2の行を選択します。項目の行を選択している状態ですね

これで複数ページ印刷するときは、常に1と2の行がヘッダーとして印刷できます

印刷プレビューで確認してみましょう

2ページ以降に指定した行が表示されていると設定成功です。

この設定方法を知っていると、作業の短縮になります

ヘッダー/フッター】の設定で、【1/?ページ】の設定をしておくと複数ページ印刷するときに、現在のページが何ページなのかがわかるので、おすすめです

便利機能を覚えましょう٩꒰。•◡•。꒱۶

パソコンが苦手と言っている人が頑張って手動でヘッダー部分を挿入している資料を見かけることがあります。さらっと、便利な使い方を教えてあげて、自分の評価もアップしておきましょう٩꒰。•◡•。꒱۶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA