ExcelのVBAの高速化の方法

マトリクス表でデータ抽出するときなど

繰り返し処理の中に繰り返し処理などを入れていくと、繰り返す件数が多くなりマクロの処理に時間がかかります

そんな時に、魔法のようなコードがあるので、試してみましょう(^^♪

ひろ
ひろ

プログラムの最初と最後におまじない感覚で入れるといいかもです

高速化の魔法のコード

Application.ScreenUpdating = False  ⇒ 画面更新停止

Application.ScreenUpdating = True   ⇒ 画面更新再開

画面キャプチャーで解説
  • 繰り返し処理の前後に魔法のコードを入力します
    1. 繰り返し処理前 ➡ Application.ScreenUpdating = False
    2. 繰り返し処理後 ➡ Application.ScreenUpdating = True

魔法のコードをコメントしてマクロを実行すると、

約43秒 処理実行にかかります

※まぁ、こんな意味不明なコードを実行する人はいないと思いますけどね(;^ω^)

魔法のコードのコメントを削除して、実行しましょう

約4秒で処理実行が完了しました

マクロ実行中に画面を停止させる方法

画面更新が多いマクロでは有効ですが、画面更新に関係ない場合は、効果が感じられないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA