Excelの絶対参照(F4)の使い方

絶対参照とは

参照するセルを固定する機能

※絶対参照とオートフィル機能を組み合わせたらすっごい時間が短縮でき、イージーエラーを防ぐこともできます

絶対参照は以下の3パターンある

  • 行と列を固定するパターン
  • 行のみ固定するパターン
  • 列のみ固定するパターン
ひろ
ひろ

絶対参照は絶対マスターしたほうがいいですよ

行と列を固定するパターン

列と行を固定する方法

【A1】セルを固定する場合は【$A$1】と記載する

★『F4』キーを1回押すと【A1】が【$A$1】になりますよ

画面キャプチャーで解説

このまま『E5』セルを下にコピーした場合

D2』セルを固定して、『E5』セル~『E9』セルをコピーしたい
しかし、ずれてますね
ここで絶対参照を使いこなせれば、やりたいことが実現できます

D2』セルを『$D$2』とすれば、『D2』セルが固定されます
この状態で『E5』セルを下にコピーしましょう♪

やりたいことが実現できましたね♪
$D$2』 は【F4】キーを1回押すとできますよ★

行のみ固定するパターン

行のみ固定するパターン

【A1】セルを固定する場合は【A$1】と記載する

★『F4』キーを2回押すと【A1】が【A$1】になりますよ

画面キャプチャーで解説

行の固定では、『D$2』で下方向にオートフィルすれば同じ結果になります

F4】キーを2回押せばできます

行と列を固定する『$D$2』と行のみ固定する『D$2』ですが、結果的には同じですね

同じ結果なら、全部『$D$2』で行と列を固定すればいいのでは?と思うかもしれませんが、行のみ固定しないと駄目な時が出てきますので、しっかりと絶対参照の仕組みを理解しましょう(^^♪

列のみ固定するパターン

列のみ固定するパターン

【A1】セルを固定する場合は【$A1】と記載する

★『F4』キーを3回押すと【A1】が【$A1】になりますよ

画面キャプチャーで解説

列の固定では、『$D2』で右にオートフィルしましょう

ずれることなく、右方向へオートフィルができますね

まとめ

先ほど紹介した絶対参照の3つのパターンですが、全て行と列を固定するパターンでできてしまいますね

関数でセルを固定するときに、行だけ固定したい列だけ固定したい行と列を固定したいなどが出てきます。その時に、この絶対参照の仕組みを理解して使うことができれば、資料の完成度が格段にあがります

絶対参照をやめる場合

★『F4』キーを4回押すと元に戻りますよ(*^_^*)

絶対参照は絶対必要

絶対参照はExcelのレベルアップに必要なコマンドです。これを覚えると事務作業や資料作成のレベルが上がります。絶対に覚えましょう٩꒰。•◡•。꒱۶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA