遺品整理を効率よく低価格にする方法

すごく重要

遺品整理で出てくる廃棄物の種類は家庭系の一般廃棄物に分類されます

一般廃棄物の処理義務は市町村になります。市町村のゴミ回収を利用すれば、遺品整理にかかる費用を大幅に下げることが可能になります。

効率よく低価格で遺品整理を実施しましょう٩꒰。•◡•。꒱۶

ひろ
ひろ

遺品整理は、本気を出せば、ほとんど無料で処分できますよ

燃焼ゴミをゴミ袋に詰め込む

具体的な方法

ホームセンターやネットで45リットル以上の袋を大量に購入します

すっごく重要

燃焼ゴミは、週2回以上回収する市町村が大半です

最初に着手するのは、燃焼ゴミをゴミ袋に詰め込む作業です

袋に詰め込んで、燃焼ゴミの日に大量に出しましょう٩꒰。•◡•。꒱۶

違法でもなんでもありませんよ

この作業をするだけで、数万円価格を下げることが可能となります

出張買取できるリサイクルショップに電話をする

具体的な方法

燃焼ゴミを一通り袋に詰め終わったら、家電や棚などの処分を実施します

一人で大きな棚などを運ぶのは大変ですので、リサイクルショップに依頼するのが良いです

インターネットでリサイクルショップは簡単に見つけることができます

もともと、お金を払って処分する予定のものが、無料、若しくは売却できると考えると最高ですよね?

品質が良い家電や家具が多数あれば、多少お金になる可能性がありますので、必ずやりましょう٩꒰。•◡•。꒱۶

市町村の粗大ゴミの回収を利用する

具体的な方法

市町村によっては、無料で粗大ゴミを回収するところもありますが、大半が有料で粗大ゴミを回収すると思います

産業廃棄物業者や遺品整理業者が回収するより、圧倒的に価格が安いと思います。理由は、市町村のゴミ回収は税金で運用されている為ですね。なので、民間企業より処分料金が安くなります。その分、サービスは悪い可能性があります。

例えば、大阪市の場合は、所定の場所(ゴミ置き場)まで家電や家具を持っていかなければなりません。民間企業の場合は、お金次第で家の中から回収が可能となります。

男性が二人以上いる場合は、すべて市町村の粗大ゴミで処分しましょう٩꒰。•◡•。꒱۶

※すべての家庭系一般廃棄物の処分義務は市町村(自治体)にありますが、回収できないものもあります。その場合は、市町村から民間企業の廃棄物処理業者が紹介されると思います。その価格が想像以上に高い場合があるので、しっかりとサービス内容などを確認して、依頼するか考えましょう

遺品整理業者に依頼をする

具体的な方法

一人で粗大ゴミなどを運べない場合などは、無理をしないで遺品整理業者に依頼するのも良いかもしれません。

⇩こちら⇩からクリックして遺品整理業者にアクセスしましょう

不用品を回収したい人・見積もりを取りたい人がマッチングするなら【エコノバ】

遺品整理の価格が高い場合は、市町村のゴミ回収の窓口に電話をして、廃棄物処理の業者を紹介してもらうのもありですね

遺品整理と廃棄物処理の各業者から見積書をもらい、価格・サービスを検討して選びましょう٩꒰。•◡•。꒱۶

まとめ

具体的な方法
  1. 燃焼ゴミをゴミ袋に詰め込む作業を実施
  2. 出張買取できるリサイクルショップに連絡をする
  3. 市町村の粗大ゴミ回収を利用する
  4. 遺品整理業者に依頼する

手順1と2は絶対に実施したほうがいいです٩꒰。•◡•。꒱۶

大量に燃焼ゴミがでる場合は事前に市町村のゴミ回収の窓口に連絡を入れておけば、問題ありません。(連絡を入れなくても問題はないですが、入れたほうが親切ですね。)

実際に手順1~3を実施しないで、遺品整理業者に依頼するとすっごく高いと思います(´·ω·`)

それほど、手間ではないと思いますので、参考にしてくださいね٩꒰。•◡•。꒱۶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA